ブルック・アダムス

ブルック・アダムスというとあまりに美しい映像美の「天国の日々」もいいですが、クローネンバーグ監督の名前をホラーファン以外にも知らしめた(てない?)「デッド・ゾーン」('83)です。映画化と同時にスティーヴン・キングの原作も邦訳された事も懐かしい。未来予知の超能力を持った主人公(クリストファー・ウォーケン)の奥さん役でした。論客家で人気の若手政治家が政府高官になり、予知能力を持った主人公が、その政治家(これがマーティン・シーンでハマリ役!)が、悪人である事を見抜いてしまい、暗殺しようとする話でした。

f:id:Finyl:20170912192558j:plain

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=997387913734533&set=a.105762752897058.6322.100003900010001&type=3&theater