ナンシー・アレン

キュートでセクシーなナンシー・アレンに夢中だったことがあります。「キャリー」のいじめっ子(もっと昔は「さらば冬のかもめ」とか)に始まってスピルバーグの愛すべき問題作「1941」では、コクピットに乗るとイジョーにコーフンする美人秘書など70's後半アメリカ映画の彩りの面では欠かせない人でした。デ・パルマ夫人だった事もあって「ミッドナイト・クロス」や「殺しのドレス」も印象的でした。10代だった頃そりゃコーフンさせられましたよ。その後「ロボコップ」や「フィラデルフィア・エクスペリメント」にも出てましたね。ロバート・ゼメキス監督(「1941」で脚本担当)のデビュー作「抱きしめたい」はビートルズが出てこない、ビートルズ全米上陸前夜の物語で、運よくホテルのメンバーの部屋に忍び込んだものの、楽器見て失神してしまう慎重派のファンを演じました。

f:id:Finyl:20170912215128j:plain

f:id:Finyl:20170912214422j:plain