ドリュー・バリモア

俳優一家に生まれ、子役でブレイク(「ET」)、十代での薬物中毒、セクシー路線を経て、90'sにメインストリームに復帰とはドリュー・バリモアも相当壮絶な人生を歩んでますね。近年(ではないか)リメイクされた「チャーリーズ・エンジェル」で三番手だったのが、肩を抜いた感じでよかったです。なでしこウエスタンとなった「バッド・ガールズ」、「ボーイズ・オン・ザ・サイド」にも出てましたね。どうも主演作よりも脇にいた方が光る印象です。画像は「バッド・ガールズ」向かって右がメアリー・スチュワート・マスターソン、左がマデリーン・ストウです。
f:id:Finyl:20170914130003j:plain

f:id:Finyl:20170914175859j:plain